学習発表会
2020/01/09

 小学生は、生活科やうめがしま学で学んできたことを発表しました。低学年は、朝顔の栽培やダンゴムシの飼育を通して、「命のつながり」を見つけ、体を使って精一杯かわいらしく発表しました。
 小学部3年生からは、うめがしま学として、地域の特産物について研究をしてきた成果を発表しました。小学部3年生のテーマは「お茶」です。実際にお茶の観察をしたり、本やインターネットを使って情報を集めたりしました。経験したことから自分の課題を見つけ、調べ学習の仕方を学びました。画用紙で作った短冊を使って、説明の順序に気をつけながら上手に話をすることができました。
 小学部4年生のテーマは「椎茸博士になろう」です。昨年の椎茸栽培活動から、栽培・販売・調理(活用)の課題を見つけ、学習を進めてきました。観察の仕方を工夫したり、商品として売るための過程を学んだり、椎茸を食べる方法を研究したりしてきました。初めてのスライド作りにも挑戦し、ICTを用いて発表しました。1月には、しずてつストアでの販売があります。これまでの学習の成果を、存分に出していきたいと思います。
 高学年は、「UMEWATHAカンパニー」の一員として、梅・山葵について調べてきました。中学生とも一緒に活動をしていく中で、ただ活動をするのではなく、一つ一つに目的意識をもって取り組んできました。実際に経験したことから自分自身を振り返り、何を身に付けることができたのかを発表しました。
 中学生が経営する「UMEWATHAカンパニー」は、生産部、広報部、販売部、組織・運営部の4つの部に分かれて発表をしました。一社員として、会社のためにできることを考え、仮説を立てて検証してきました。スライドの見やすさ等の細かいところまで考え、中学生らしいプレゼンテーションでした。





プラモデル作り体験[ 2020/01/09 ]
新春のつどい [ 2020/02/07 ]
TOPに戻る